10.5 C
Tokyo
Tuesday, November 30, 2021
HomeLatestJapan bullet prepare to debut telework vehicles

Japan bullet prepare to debut telework vehicles

spot_img

As Japanese corporations more and more embrace versatile work preparations throughout the pandemic, even an operator of bullet trains is having to accommodate passengers who select to telework throughout the 2.5-hour journey between Tokyo and Osaka.

Nozomi shinkansen trains connecting the 2 megacities can have a chosen “telework” automobile with double the Wi-Fi capability of different carriages, beginning in October, Central Japan Railway stated Thursday.

“More people are looking to work from anywhere at any time, and shinkansen trains will adapt to this demand,” stated Shin Kaneko, president of Central Japan Railway.

Passengers will be capable of entry the Wi-Fi service with no additional value. They may borrow USB chargers, privateness shields for laptop screens in addition to miniature mice totally free. Wireless alerts will likely be encrypted to make sure safety.

This service is restricted to the N700S trains, the newest mannequin for the Nozomi. It will likely be provided on the Tokaido shinkansen line between Tokyo and Osaka, in addition to the Sanyo line serving western Japan.

東海道・山陽新幹線「のぞみ」の一部車両が、10月からビジネススペースになります。
 JR東海とJR西日本は、今年10月から東海道・山陽新幹線「のぞみ」の7号車を、パソコンなどを使って仕事をする乗客向けのビジネス専用車両として試験的に運行すると発表しました。
 座席は、インターネットで予約することができ、普通車指定席と同じ料金で利用できます。また、のぞみの最新型車両N700Sでは、パソコンを置くための膝上クッションや充電器、簡易のついたてなども無料で貸し出され、従来のおよそ2倍の通信容量を備えた無料Wi‐Fiサービスも利用できます。
 来年春からは、7号車と8号車の間の喫煙ルームを改造して、打ち合わせなどができるビジネスブースも試験的に設置します。また、今年12月には、集中して仕事をしたり、Web会議を行ったりするための個室のワークスぺースを東京、名古屋、京都、新大阪の駅構内などに設置するということです。
 新型コロナウイルスの影響で新幹線の利用客が減るなか、出張など、ビジネスでの利用客向けに「のぞみ」の環境を整えることで、集客につなげる狙いがあるとみられます。 – TBS NEWS







Source

Klook.com

Latest